3年で転職。俺がキャバクラのボーイをどうして辞めたのか話します

最初は俺もキャバクラの店長を目指していた

俺は昔ボーイをやってたんだけど、3年経ってから辞めた。
他のお店に行ったんじゃなくて、夜から昼の仕事に転職したんだ。

そろそろ潮時だと感じたのが理由なんだけど、最初の頃は俺も店長になろうと頑張ってた頃がある。
ボーイの誰もが店長には憧れるんだけど、俺も例外じゃなかったね。

ボーイをやってると、早ければ1年で店長にのし上がる人も居る。
でも、俺は結局店長にはなれなかったな。
何故かって言うと、単に実力が足りなかったから。

店長ってお店全体の仕事をできなきゃダメだし、人もマネジメントできなきゃいけない。
けど、俺にはマネジメントスキルが全然無かったから、その時点で店長は無理だったわけね。

最初は店長目指して頑張ってたけど、2年位経ってから無理だと悟った。
それから1年間は頑張ってボーイの仕事を続けたけど、ちょうど転職のチャンスが転がってきたから辞めちゃった。

ボーイは昇進が早い仕事だと言われてる。
でも、実際はちょっと違う。

俺のように、実力が足りないと全然昇進なんかできないし、まして店長は目指すやつも多いから、年功序列というわけにもいかないね。
だから実力がない俺は見切りをつけたんだ。

結局お客さんとできたコネで昼職に転職

3年間でボーイの仕事を辞めたけど、そのきっかけがお客さんだったんだ。
うちのお店に毎週来てた常連さんが居るんだけど、実は会社経営者だったのね。

仲が良くて話もしてたんだけど、俺が辞めるって伝えたらかなり驚いてた。
けど、お客さんの会社も人手不足で悩んでみたいで、「良かったらウチで働くか?」って誘われたんだ。

お店を辞めた次の日、形式的な面接をして即採用が決まった。
そして次の週から働き始めたから、転職と言っても時間はかからなかったな。

いわゆるコネ入社だからいい顔はされなかったけど、ここでキャバクラで得たコミュ力が活きたね。
すぐに慣れたし、先輩にもチヤホヤしてもらえるようになった。

それから一生懸命働いたね。
最初は生活リズムを正すのに凄く苦労したよ。
3年も夜型生活を続けてたのに、それを朝方に直す必要があったからね。

転職して1ヶ月は朝が辛かったな。
でも今じゃ完全朝方だし、何とかなるもんだと感じたね。

辞めたけどボーイの時期に得たことも多い

もしコネが無けりゃ、今頃はプーだったかもしれない。
そう考えると、ボーイをやってて良かったなと思う。

当然今の会社の社長とも出会えたし、他にも色んな人と知り合えたからね。
俺が得たものの中じゃ、人との出会いが一番大きいかな。

色々と身に付けられたこともあるよ。
特にメンタルはかなりタフになった。
今の仕事で多少怒られたくらいじゃ全然びくともしないし、ちょっと嫌味を言われたくらいじゃ気にならない。

ボーイをやってた頃に鍛えられたからね。
機嫌が悪いキャバ嬢の相手をするのに比べたら遥かにマシ。
逆に天国だと思えるね。

社会人のマナーを身に付けられたのも大きいかな。
中卒でロクに世間を知らなかった俺でも、人並みのマナーは覚えられたしね。

キャバクラって会社の偉い人とか、社会的にステータスが高い人ばっか来るから、マナーや礼儀って欠かせないんだよね。

けど、ボーイの仕事をしてる内に身に付けられたし、何も知らなかった俺にとっては大きな宝だよ。

あわせて読みたい