嫌われたら終わり。キャバクラのボーイのキャストへの気遣い

ボーイの立場はキャストよりも下

キャバクラの上下関係はとても複雑だ。
特に複雑なのがキャバ嬢(キャスト)との関係かな。

キャバクラで花形とも言えるキャストは、お店にとって欠かせない存在だし、何より売上を左右するからご機嫌を損ねちゃったら大変だ。

ボーイはあくまでも裏方で、お店にとっての重要性もキャストほど高くはない。つまりボーイはキャストより立場が下なんだ。

これは入店時期に関わらない。
例えばボーイのほうが先輩でも、新人キャストを大切にしないといけない。
今後売上を取る可能性もあるからね。
ボーイを続けるなら、キャストに嫌われることは絶対避けないとダメなんだ。

キャストに嫌われていたボーイの話

昔、俺が働いてたお店に新人ボーイが1人入って来たんだ。
よくある話なんだけど、そいつが他のやつと違ってたのは、キャストに相当嫌われちゃったことかな。

結構生意気で、入店当初からキャストとタメ口で話をするし、平気で嫌そうな顔もしてた。
俺も他のボーイ連中も、こりゃヤバそうなのが入店してきたと感じたよ。

んで1ヶ月位経った頃かな。
とあるベテランのキャストにお使いを頼まれたんだけど、そいつが少し駄々をこねた。

けど我慢の限界だったのか、キャストがブチギレ!
お店で口論が始まっちゃって、すぐに俺が仲裁に入った。
その場は何とか収まったんだけど、他のキャバ嬢にもこの件が知れ渡った。

その新人ボーイ、結局3日経ってから辞めちゃったね。
実は辞めた理由がわかってないけど、店長がクビにしたのかもって噂してたよ。

嫌われたらちゃんと仕事できなくなるし、メンタルも持たない

ボーイがキャストに嫌われたら一巻の終わりだ。
まず仕事に大きな支障が出るのは間違いない。
嫌われたって働き続けることはできるけど、長く続かないのは目に見えてるかな。

何より他のボーイやキャストから嫌な目で見られるし、メンタル的にキツイ。
で、精神的に辛くなり、仕事に影響が出て退職。

とにかく空気が悪くなるから、相当タフな人でも精神的に追い詰められるね。
だから絶対嫌われちゃいけないんだ。

女の子への気遣い・コミュニケーションのとり方は仕事しながら身につく

けど、キャストに嫌われない方法は、女の子に嫌われない方法と同じだ。
場の空気を読んで配慮したり、細かい気配りを忘れなければ問題ない。

日々のコミュニケーションも大事だね。
ちょっと難しいけど、気配りの方法とかは仕事を続けるうちに身に付くよ。
ボーイとして働くことで身につく能力とは

最初の頃はキャストも笑って許してくれるからね。
ただ、キャストも限界があるから注意しよう。

女の子の扱いに慣れてる人は、初めからキャストと上手くやっていけるよ。
逆に気に入られる可能性もあるね。
でも、あんまり仲を深めちゃうと後で大変だから、線引はしておいたほうがいいよ。

気配り上手になろう

キャストに嫌われることは死を意味する、と言ってもいい。
好かれるためには色々必要だけど、誰にでも気配りできる人がキャバクラで生き残れるね。

実は気配り上手って昇進スピードも早いから、特に上を目指す人には重要なスキルだよ。

あわせて読みたい